合皮と本革ジャケットどっちが自然や体にいい?

動物や自然環境を守るために、オシャレな革ジャンを着たいけど合皮と本革ジャケットどちらを選ぶべきか迷っているあなたへ、選ぶ考え方をまとめました。これで賢い選択ができるはずです。

合成皮革や人工皮革(合皮)とは?

合皮と本革ジャケット比較

近年では様々なジャケットの流通が発達してきたため、本革そっくりのレザージャケットが低価格で購入することができます。しかし安く買えるだけの判断でいいのでしょうか?

  • 合成皮革 ( ごうせいひかく )
  • 人造皮革 ( じんぞうひかく )

一般的に 「 本革 」 と呼ばれているものは天然皮革のことを指しますが、一方の【 レザー 】 と呼ばれるジャケットには、人工的に革に似せて作る合成皮革や人造皮革などがあります。

レザーと聞いただけで本革と勘違いしてしまうことのないために、しっかりと違いを把握しておくとよりスマートなオシャレができるのです。

合成皮革とは

布地をベースにし、その上に合成樹脂を塗り、表面層のみを天然の革に似せた人工素材を指します。

合成樹脂はポリウレタン樹脂や塩化ビニールを使っているので、簡単に言うならば 【プラスチック製、 ビニール製】があげられます。

この樹脂を表面に塗り型押しをすることで革の様に仕上げることができますが見た目は革に似ているとはいえ、革本来のもつ匂いや手触りまでは十分再現することはできません。

例;ソファー や 車・バイク のシートなどに多く使用

人造皮革とは

合成皮革は表面のみを革に似せたものですが、人造皮革は天然皮革の機能や構造を人工的に再現した人工素材を指します。

人工的に革に近い風合を持つ素材を目指して作られているので、感触も天然の革に近いです。また、天然皮革と同じように起毛させるスエード加工、また銀付き革に加工することも可能です。

加工方法は、合成皮革では布をベースにしていましたが、人造皮革では布に合成樹脂を染み込ませて加工したり、それをベースに上から合成樹脂を塗ることで天然皮革に似せて加工しています。

合成樹脂は、染みこませるのにポリウレタンを使い、上から塗るのにはポリウレタンやポリ塩化ビニルがよく使われているため、耐水性に優れているのが特徴です。

例;靴や衣服などに多く使用

人工素材の特徴や問題点

天然皮革に比べて水に強い性質がありますが、その分 お手入れも簡単で、薄めた洗剤で洗ったり、製品によってはドライクリーニングもできるものもあります。また、本皮と違って表面に傷が少ないのも特徴です。

しかし、素材がビニールやプラスチックなので劣化が早いという弱点があることも覚えておきましょう。傷をつけたり、長く使うことで擦れてくると基布部分の繊維が表面に出てくるので、本革ではないということが すぐに分かってしまいます。

年月が経つに連れて分かる違い

一方天然皮革であれば長く愛用すればするほど良い風合いが出てきますが、合成皮革や人造皮革は丁寧に使ったとしても 2 ~ 3 年で劣化してしてきます。長持ちはしないので、天然皮革のような風合を楽しむ使い方はできませんし、表面がボロボとと剥がれてくることもあり、問題も多発しやすいのも特徴的です。

合皮劣化による問題点

  • ジャケット表面がベタつく
  • ジャケット表面がひび割れる上にコーティングが剥がれる
  • 伸縮性のあるパンツや靴下がヨレて美しくない
  • 表面から白い粉のような繊維状のものが出る

よって2,3年程度の寿命しかない合皮ジャケット、フェイクレザージャケットに投資するのも考えものなのです。

合皮と本革の比較

では合皮の問題点がわかったところで、本革の利点や問題点など欠点なども確認していきましょう。一概に全ての革が環境に悪いともいえないのが本革ジャケットのポイントでもあるのです。

本革にもクオリティーの違いがある

ブランドだけで高価なレザージャケットを販売するお店もあれば、激安価格で本革の革ジャンを販売するところまでありますが、高品質かつ良心的なレザージャケット製造会社を選ぶことが重要な鍵でもあります。

本革に偽た合皮や偽ブランドある

また注意したいこととして、本革に似せた偽物革ジャンもあります。
例えば、合皮でありながら革の香りがするスプレーを加工時に付けて販売するところもありますので、良く注意することです。その他有名ブランドのタグを付けて革ジャンを販売するサイトなど、新中古問わずあるのも現状です。

有名な革フライトジャケットメーカーと記載があっても、ジャケットのモデルと革が何ピースで構成されているものなのか、またポケット、ジッパー、襟元、製造国などを予め確認しておくと失敗がありません。

例:本物思考A-2フライトジャケットの見分けるポイント

革の製造国調査

「Made in ●●●」という表示は確認していますか?
革ジャンはあらゆる国で製造されていますが、使用する革の品質により値段も寿命も異なってきます。

アメリカ製にこだわる理由

A-2ジャケットノーズアートデザイン注文依頼

特にアメリカは動物愛護団体などが非常に反対デモなどを起こす確率も高い国でもあり、また一般のユーザーに提供するための安全性に関しても非常に厳しい国でもあります。(イギリスなども同様)

食品でもFDAという国の検査機関が調査をして健康かつ安全と認められたものは【FDA】認証マークが表示があったり、オーガニックやMSGが含まれていないなどの表示も強調もしています。

同時に革ジャンとはいえど、食肉としての家畜たちも革など無駄なく消費者に提供することなども重要視することも多いのもアメリカならではではないでしょうか?

一方の中国などの安値で売られている革ジャンはどうでしょうか?
どういった流通で剥ぎ取られた革なのか、毛皮などの生産のために残虐な方法で毛皮を集める業者も未だにいる国ですから、そういった国から製造者から買う際はそういった面も考えたいものです。

製造会社の歴史やポリシー

上記の内容に通ずることですが、革ジャン、革フライトジャケット会社がどういった歴史を持ったところなのか、またどういったポリシーを持っているところなのかも知った上で革ジャンを購入すると、安心感も異なります。

本革と合皮の区別がつかない時のライフハック

本革といいながら、匂いでおかしいなというものは購入後目立たない箇所を火で炙ってみてください。(※試す際は自己責任でお願いします。)
本革なら、少し炙った箇所がほんの少しだけ凹みますが、合皮など石油製品は臭いですし、火が付いた跡が革と違います。

火事や災難に遭った時に分かるジャケット

また本革ジャケットの安心感として、万一火事で災難にあっても、革ジャンに火が付いたとしてもそう簡単に燃えないということ、一方の石油製品や合皮などのジャケットは火傷をした際に、皮膚に付くため、火傷の処理も大変になりやすいのも特徴ですので、災難に遭わないことが一番ですが、万一の際、注意が必要なのです。

本革ジャケットを愛する理由

これから将来的に牛肉などのお肉を食べずに生活する時代が訪れるとなると、革ジャンは非常に貴重品となります。
本革のフライトジャケットなどを無駄買いするというわけではなく、1点1点を何十年も愛用することが動物たちにとっての感謝に繋がると考えています。

また中古でフライトジャケットやライダースジャケットなども多く見られますので、まず中古のジャケットから手入れ方法を学びつつ、本当に中古と値段が見合うのかも考えて、新品のクオリティーの高い革ジャンを手に入れるということも1つの方法でしょう。

ただ、中古ジャケットの状態により、修復に異常な時間を費やすのならば、自分のお気に入りのジャケットを新調して大事にしていく方が賢い選択ともいえますが、これも試してみなければわからないこともあるので、自分で革の研究することでわかってくることも多いです。

本革ジャケットは、ただ買うのではなく、買ったあと自分の体に馴染ませつつ手入れをして本革ならではの艶やシワ、着心地を楽しむものだからこそ、より動物たちに感謝をし、愛着が高まり無駄買いも防げるのです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here